日本人とよく似ていると言われるドイツ国民

良く言われることがあるのがドイツと日本は良く似ていることです。互いの性格をみてみると、勤勉で真面目などの用語が飛び交くことになるでしょうが、どれも国民性として当て嵌まることです。では実際どんなところが似ているのかを見ていきましょう。

ドイツの面積や歴史

この国の面積は世界第61位になり、日本はひとつ上回って世界60位になっています。国民性だけではなく国土の面積も良く似ていることがわかるでしょう。ただ違う点を言えば、この国は大陸であり、日本は島国であることだけです。そうみると日本って意外に広いこともわかるはずです。

また枢軸国として第2次世界大戦を戦った国です。どちらも負けることになり、負の遺産を背負うことになりましたが、それでも世界の経済大国として蘇った国でもあります。それは互いに勤勉で真面目な性格がゆえの復活劇とも言えるでしょう。

ドイツの経済力と性格

GDP国民総生産は、日本に次いで世界4位になります。自動車産業が有名な国であり、この点も日本とよく似ていることがわかります。ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス・ベンツなど良く知られている自動車メーカーです。

また性格も良く似ています。こんな話があります。日本に来た外国人が正確な交通手段の到着時刻を褒め称えたところ、この国に住む人が「私たちも負けていない」と主張するほど、意外と外国のなかでもルールを尊重します。

また日本人を示す言葉である勤勉や几帳面といったところは、昔からこの国の美学と言われています。ただ日本人は自己主張がないように言われていますが、この国は「言ったもん勝ち」といった国柄があり、議論好きです。その点は少し異なるかもしれません。

ドイツは謝罪をする国

欧米人はなかなか謝罪をせずに謝ると負けという性格を持つ人が多いですが、その点も日本とこの国は良く似ています。良く謝罪する国でもあり、第2次世界大戦の負の遺産に対しても、周辺国に謝罪をし現在があります。ただこの点は周辺国が寛大な国であったこともあり、ヨーロッパ独自の文化として、謝罪を受け入れるという精神を持っているから成り立ったとも言われています。

これでドイツと日本が良く似ていることがわかったはずです。とても面白い国であり、日本人が旅行にしても生活にしても、言語だけは違うが暮らしやすい国とも言われています。

© 2017 ドイツに住む革命隊