独特のドイツビール雑学はおもしろい

知らないことの方が多いですので、ドイツのいう国に興味があるなら、まず知ることが大切です。そのひとつとして雑学があります。この雑学から入ることで、もっとこの国を知ることができるようになるでしょう。

基本的なドイツ雑学を知っておこう

世界経済は日本に次いで第4位になっている国です。またサッカーはとても強く、海外でプレーする日本人選手の多くがこの国のクラブに在籍しています。またノーベル受賞者はアメリカ、イギリスに次いで第3位となっており、学術的にも長けている国民性であることがわかります。

国土はほぼ日本と一緒であり、国民性は日本人と同じで真面目が信条です。ビールとソーセージをこよなく愛する国民性。これらが基本的な雑学になります。

税金が高いが国民が優遇されている

かなり税金が高い国として知られています。消費税にあたる税金では16%、法人税は世界でも類をみないほど高い国として知られてます。所得税も高いことから生活するには厳しいこともありますが、しかし国民が優遇されていることも多いです。

どんな子供でも無償で学問を学べる環境が整っています。学びたい意思と成績が伴えば、どんな子供でも学問を志すことが可能です。日本もこの点は大きな問題になっていますので見習うべき点があるでしょう。

この国は議論好きですので、いろんなところに波及を生みます。日本人のように国の政策が悪いだけに留まらないで、だからこそ何が必要なのかを答えを出そうとします。良い国にしようという積極性が見受けられる国民です。

病気の治し方が独特のドイツ

民間療法のようなものですが、体調が悪いことを伝えると「散歩をしよう」と言われることが多いです。真意は「外の空気を吸えば治るよ」というものであり、とにかく散歩が好きなようです。美しい街並みや自然を持っている国です。森が好きな国民性でもありますので、散歩が好きというと納得することができるでしょう。

この国の人たちは日本人からしてみれば、体格がでかいです。男性は特に大きくトイレでは立ってするのではなく座って用を足すこともあります。このような雑学に触れることで、もっとドイツという国を知ることができるはずです。まだまだ知らない一面も持っており、それを感じるには、やはりこの国に足を運ぶのがベストになるでしょう。

© 2017 ドイツに住む革命隊